たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 05月 02日

世界一美しいお墓


ご存知の方も多いと思いますが、
タージマハルは一個人のお墓なんです。


d0177887_176392.jpg






d0177887_1781684.jpg



この白大理石による美しい建築物は、
17世紀にムガル帝国皇帝シャー・ジャハーンが、
亡くなった最愛の妻への"愛"を表現するために、
22年の歳月と天文学的な費用をかけて建てさせたのです。



行き過ぎた愛によって生まれた世界一豪華で世界一美しいお墓なのです。



確かにというか、なんというか、とにかく想像以上に美しかったです。


とりあえず、いま一度写真でその魅力をお届けしたいものです。


d0177887_17174835.jpg



d0177887_179956.jpg



d0177887_1794276.jpg



d0177887_1710463.jpg



d0177887_17103777.jpg



d0177887_17111363.jpg



d0177887_1711456.jpg



d0177887_1712714.jpg



d0177887_17124456.jpg



d0177887_17131144.jpg



d0177887_17133667.jpg






何が良いって、その完全無欠の"シンメトリー"です。


美しくそして無駄の無い必然と思わせる完璧な左右対称なんです。
そしてそんなこだわりが壁の彫刻などで随所に見られるのです。


だから写真はベタですが、なるべく左右対称を心がけて撮りました。
ちょっとずれた位置から撮る人の気が知れません・・・



それと一番上の球体の美しいカーブ具合。なんだか優しく撫でたくなってしまいます。



そしてもう一つ、これはライブで見ないとなかなかその良さが伝わりにくいんですが、
何とも言えない"白のモザイク感"


これがたまらなく良いです。色褪せないというか、褪せてこそ良いというか、
なんというか、詳しく言及出来ませんが、とにかく綺麗なんですよ、様々な白が。
個人的には夕日とか朝日よりもドピーカンで浮かび上がる"白"が良いと思うのです。




あと全体的に施設内が綺麗で居心地良し。インドじゃないみたいです。
途中から裸足なんだけど、全然OK! 流石に750ルピー(¥1150)もかかるだけありますね・・・
でも外国人ツアー客はなんか靴の上にカバーして歩いてた。裸足気持ちいいよ。



先入観から来るのかどうかはっきりしませんが、
どことなく魅力的な女性らしさを感じさせるタージマハル。
ここで永久の眠りについているムムターズ・マハルさんはさぞかし美しかったのでしょう。



d0177887_17152627.jpg




そんな感じの真面目なタージマハルレポート。

最後の一枚はシンメトリーからあえて思いっきりズラした写真で。


d0177887_17154549.jpg



一読して頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加してますので、
ぜひぜひ一日一回、四角い世界一周ボタンを
ポチッとクリックお願いします。

色んな世界一周ブログを見る事も出来ます。

パソコンとスマフォはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方は下の文字を。
世界一周ブログランキング

by sgyksgyk | 2012-05-02 17:03 | THE印度


<< 4月23日の午後      ちょっくら飛行機で出掛けます。 >>