たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 13日

アート爆発、Valパラいそ。

プエルトモンからビーニャデルマルへ。


うっすらの限界で見えてるこれがチリ富士と呼ばれてる山、オソルノ山ですかね。


d0177887_23564199.jpg







出発から15時間後、10:30にビーニャデルマルに到着、宿はシオミ荘。


幾つかの嬉しい再会と、初めましてよろしくです、そんな出会いを果たす。


そんな皆さんの勢いを借りて眠たい身体でバルパライソへ。


正直、かったるい感じでしたが、これに乗って一気にテンション上がりました。


d0177887_23584915.jpg






アセンソールというこの町独特の乗り物。


d0177887_23591447.jpg






ナイスな斜度です。


d0177887_23594576.jpg







バルパライソの街はビーニャデルマルへのバスの道中に見て来た時に感じたように素敵でした。


d0177887_005413.jpg






天気がイマイチで写真はイマニ、イマサンなものが多いですが、とりあえず並べておきます。



d0177887_013374.jpg







d0177887_02316.jpg







d0177887_025778.jpg







d0177887_033886.jpg







d0177887_042214.jpg







d0177887_036524.jpg







d0177887_052684.jpg







d0177887_0614.jpg







d0177887_07791.jpg







d0177887_075120.jpg







d0177887_083163.jpg







d0177887_09125.jpg







d0177887_09482.jpg







d0177887_0102545.jpg







d0177887_011632.jpg







もうね、街全体がキャンバスですね。




しかし、天気のせいもあっていわゆるフラットライトというかなんというか、凡庸な光源条件。
こういう環境だと全然いい写真が撮れない、思うようにいきません。
己の腕の無さと己のカメラの限界をまざまざと見せつけられた形になってしまいました。。


写真の8倍はイイよって大自然系のものを相手によく使いましたが、ここも間違い無くそうです。




カラフルかつアーティスティック、センス抜群、遊び心満載、芸術が爆発、、、などなど。

とにかく、すんばらしい街でした。青空な時にまた訪れたいですね。







街全体が十二分に美術館の様相を示しているのですが、

ここから先の写真はその中でも"青空美術館"と呼ばれるエリアのものです。



d0177887_016229.jpg







d0177887_017117.jpg







d0177887_0173226.jpg







d0177887_018829.jpg







d0177887_0184889.jpg







d0177887_0193325.jpg







d0177887_02093.jpg







サボテンすら芸術を爆発させてます。


d0177887_0203640.jpg









d0177887_0211075.jpg







d0177887_0222035.jpg







d0177887_0214318.jpg







d0177887_023272.jpg






どこをどう歩いていいのかよくわからないところもあったけど、、、とても楽しめましたよ。


ご一緒だった皆さん、どうもありがとう。






宿に帰ったらこんな豪華なシェア飯。


d0177887_024474.jpg




シェア飯ったら今まで120%作る側だったからな〜んもせずに食べられるって、、、
これはこれでいいですね、ご馳走様でした。準備してくれた方々、どうもありがとう。



読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)mブログランキングに参加しています。
下の四角い世界一周ボタンを
ポチッとクリックお願いします‼
  ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
PC、スマフォの方はこちらから。


世界一周ブログランキング
携帯の方はこちらから。

by sgyksgyk | 2013-02-13 00:24 | 好きです、チリ


<< ボリビア、ラパスの宿レポート。      アルゼンチン、エル・チャルテン... >>