たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 03日

まちゅぴちゅ&わいなぴちゅ。


誰もが知る、マチュピチュ遺跡。文化・自然の複合世界遺産として登録されてます。



前回の記事でウダウダと愚痴ったのはきっとこの日の天気が悪かったせいというのが多分にあるだろう。

だってあの有名なアングルの見晴らし台に行ったタイミングではこれだったからね。


d0177887_204796.jpg









しばらく待ってみたけど、霧は晴れず、とぼとぼと下に降りていくと、






徐々に・・・


d0177887_23661.jpg








徐々に・・・


d0177887_235726.jpg







これが一番霧が晴れたタイミングの一枚かな。ワイナピチュはほぼ見えずじまいでした。


d0177887_25840.jpg







遺跡自体は保存状態抜群!でも派手さは無いように思える。


d0177887_263159.jpg







d0177887_274810.jpg









マチュピチュはやっぱり何が凄いってその立地条件。


d0177887_291154.jpg



本当に、「何故にこのような所に!?」だし、「ていうか見つけた人凄い!!」

ここの存在を広めたのは1911年に発見したハイラムビンガムさんです。





下から見ても何もわからんだろうね〜。上からじゃないとね〜。空中都市と呼ばれる所以です。


d0177887_2105459.jpg



だからこそスペイン軍にも発見されずに損傷を免れた訳ですよね。






では改めて遺跡の中心部へ。


d0177887_2123979.jpg






実際に訪れた多くの人が感じること、、、意外にコンパクト。でも実際はもっと広かったって話です。


d0177887_21423100.jpg



写真でスケールのデカさを感じるのは、きっと後ろにワイナピチュがそびえるからだろう。







そういえば親父がiPadで撮った写真、ほとんど見たこと無いな。。


d0177887_215566.jpg







これは本当に偶然撮れてたトリック写真。おっさんが小人化したのか神殿が超巨大なのか。


d0177887_217996.jpg







遺跡に建築物としての魅力は感じなかったが、この傾斜の使い方にはぶったまげた。


d0177887_218643.jpg








それと、この角のカーブ。これがオリジナルのものなら相当な技術だと思った。


d0177887_2201994.jpg



でもオリジナルなのか修復なのかははっきりわかってません、、すいません。







それから半分感心、半分興ざめだったのは整えられた芝生。


d0177887_2214413.jpg



まぁ確かにあんまり草ぼーぼーでも嫌だけど、せっせと芝刈りするってのもね〜。







しっかし本当に凄い所にあるのよ、親父も思わず立ちすくんでぶったまげてました。


d0177887_223614.jpg









人の多さも予想はしてたけどぶったまげた。それと同時に人数制限も仕方無いと感じた。
というのは遺跡そのものがそれほど広く無いので、人数入り過ぎたら大変ですね。


d0177887_2242774.jpg



でもな〜、こういう天気だったら別の日に来たいよね。






まぁ文句言っててもしょうが無いし、
「じゃあ来るな」あるいは「乾期に出直せ」って言われそうなので、はりきってワイナピチュに登ります。


d0177887_2255652.jpg



結構ハードなんて聞いてたけど、数珠繋がりで登る感じになるからどうしてもゆっくりになるし、
色々と歩いたり、登って来たウチらにとってはね、、、ハイキングです。
親父もまぁまぁ動ける方なので文句言わずにせっせと登ってました。






でも途中からまさかの本降り。


d0177887_2264829.jpg



マチュピチュもな〜んも見えん状態。






奥様もこの表情。。


d0177887_228899.jpg








それでも上で少し粘ってたらマチュピチュが見えるタイミングもあった。


d0177887_2335288.jpg








d0177887_2294678.jpg








d0177887_235383.jpg








いや〜上から望むとなかなかどうして凄いです。山の尾根に見事に存在してます。


d0177887_236225.jpg







d0177887_2371767.jpg








"お父さんは頑張りました"の証拠写真。


d0177887_2394221.jpg








下に降りて改めて傘さしての遺跡見学。


d0177887_2415660.jpg






d0177887_2431479.jpg






今回は全くの勉強不足で、
雨降りで億劫なために歩きながらガイドブックを広げることも無かった。
アンコール遺跡群の時のゆきえの名ガイドが懐かしい。


d0177887_245159.jpg







なんとな〜くだけど、インカ人の日々の営みを感じることが出来た。


d0177887_2473251.jpg







d0177887_250284.jpg







d0177887_2505956.jpg







d0177887_2521530.jpg







d0177887_2534235.jpg




とにかく綺麗に残されてるものが多いと感じましたね。




それと同時にスペイン軍の侵略さえ無ければ、
きっともっと立派な遺跡がクスコとかに数多く残ってたんだと思い、、、



侵略とか戦争とか支配とか、
そういった類いの行為は確実にその地の文化をぶち壊してしまうということを改めて認識させられた。




だからこそ現代に生きる我々はマチュピチュから多くのことを学ばなければならない訳で、


でもそんなことは全くもって繰り返されてる訳で、
一度失ったものは二度と戻らないってことも多い訳で、
そんななか思うのはやっぱりチベット問題だったりする訳で、



と同時に、人間と地球や動物との関係を考えると、我々人類は取り返しのつかないことばかりな訳で。。。








結局は、そんなマチュピチュ訪問でした。


d0177887_256247.jpg








ユッキーのテンションもこんな感じ。


d0177887_2581625.jpg





「マチュピチュは名前勝ちな気がする・・・」




「貧乏バックパッカーはわざわざ来なくてもいいんじゃないかな。。。」って提案してました。




自分もそう思います。特に遺跡とかはあんまり・・っていうウチらみたいなタイプの方は。。


ペルーに来て、クスコに来て、それでも


「マチュピチュはめんどくさいから行かなかった。。」


そんな選択肢、全然ありだと思います。



読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m ブログランキングに参加しています。
下の四角い世界一周ボタンを

ポチッとクリックお願いします‼
   ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
PC、スマフォの方はこちらから。


世界一周ブログランキング
携帯の方はこちらから。

by sgyksgyk | 2013-03-03 03:00 | ぺるーペルーperu


<< 三者連続三振後にリマ打線が大爆発。      マチュピチュさんはとっても敷居... >>