2013年 03月 16日

楽園ガラパゴス諸島、バックパッカー的な費用を公開!




楽園ガラパゴス、さんざんお伝えしてますが、とにかく凄かったです。


是非皆さんにも訪れて頂きたい。





ということで、


今回は、それをあくまでバックパッカースタイルで愉しみ尽くすための費用を公開いたします。


お金掛かるんだろうな〜って思いますよね、僕も当初はそう思ってました。


でもウチらが大好きなブログ、
2PIECESさんのこの記事を読んで行けるんじゃん!って思ったんです。



ありがとう、2PIECES!!!




そんな感じで、

この記事も躊躇してるバックパッカーの背中が押せるようなものになれば良いな〜って思ってます。

どうぞよろしく。


写真や動画は載せませんが、所々リンクを張っておきますので、
未だ見てないよ〜って方々は是非そちらの方も覗いて下さい。


費用は全て1人分で載せておきます。ふたりだから割安になるってことはあんまりなかったと思います。

単位は全てUSドルです、エクアドルは現地通貨がUSドルなので。











では、まず、航空券について。



グアヤキルからの往復で、ずばりUS352ドル!!!



詳しくは、ユッキーが書いた情報系記事から抜粋します。





《ガラパゴス行き航空券の事》

色々なブログを見た所、エクスペディア英語版で購入するのが最安との事。
私たちは1週間前くらいにエクスペディア英語版にて購入。AeroGal社。
グアヤキル⇆サン・クリストバルで片道176ドル、往復で352ドル。
因みにAeroGal社のページからは購入出来ませんでした。

inとoutの島を別の場所にしてフェリー代25ドルを浮かす、とか、
帰りはグアヤキルには用がないのでキトにする等の選択肢はありましたが、
グアヤキル→キトのバスは10ドルくらいだし、夜行バスで宿代浮くし、、、
ということで、色々考慮した結果、グアヤキル⇆サン・クリストバルとなりました。

多分、この時の調べでは最安‼

でも、帰る時にキトまで飛んだらラクなのにな~とは思いました。
あとサンタ・クルス島だと空港までの移動が面倒なようです。



そして島内のタクシーが4回利用して計4ドルでした。












お次ぎは宿代。どこの宿でもダブルの部屋で計9泊しました。

30×2+35×2+30×3+30×2=US280ドル、
どの宿でもだいたいシングルならこの半分ぐらいの値段だったので、2で割ると、US140ドル。


一泊だいたい15〜20ドルって感じですかね。



宿レポートリンクはこちら、サンクリストバル島サンタクルス島イザベラ島です。

細かい情報も載ってますので、参考にして下さい。












そして次に、島から島への連絡船の費用。


サンクリストバル島⇄サンタ・クルス島、片道25ドル、往復45ドル。

サンタクルス島⇄イザベラ島、片道30ドル、往復55ドル。


合わせて100ドル。イザベラ島往復が値上がりしてるようです。


これに加えて連絡船に乗り込むための船タクシー代が4ドルほど掛かりました。






そして食費及びビール代。
自炊するためのパスタとお米はグアヤキルから持って行きました。
生鮮食品は持ち込めないので、注意して下さい。

ざっくりしてますが、10日間で、一人85ドル。もう少し安く抑えてる方もいるようです。









それから、絶対に逃れられない入島料、

お一人様100ドルとTAXみたいな10ドルを合わせて110ドル。

イザベラ島は別途、5ドル掛かります。







ここまでの衣食住レベル、10日間で合計800ドル。なんだかピッタリで気持ちが良い。



1日平均80ドルってことです。これは滞在すれば滞在するほど安くなりますね。。。














それに加えて、お遊びのための費用。


キッカーロックシュノーケリングツアー50ドル。
シュノーケルレンタル、2日間4ドル+1日4ドルで8ドル。
イザベラ島自転車レンタル2時間で5ドル。
GORDON ROCKSダイビング150ドル(写真と動画のデータは無料で頂けました。)



ダーウィン研究所とか、ゾウガメ繁殖センター
イザベラ島のシュノーケリングポイントなどは全て無料です。



ということで、合計213ドル。









ぜ〜んぶ合わせて1013ドル。



一日平均100ドルぐらい、予定通りでしたね。








どうですかね、、、バックパッカー的には確かに高い、うん。



ダイビングしなければぐっと安くなりますが、あれはダイバーなら外せないでしょう。
勿論、ライセンス無いから無理って人はシュノーケリングで十二分に愉しめると思います。




それにしても滞在費だけで十分に高いですよね。


でもそれだけの価値があると思うし、
クルーズツアーとかを利用したらもっと凄いことになると思いますよ。



ウチらはイースター島に行ってませんが、あちらも同じぐらいかそれ以上にお金が掛かるって話です。
ロマン派はイースター、アクティブ派はガラパゴスって感じなのかな。。。




なんにせよ、個人的には楽園ガラパゴスを押しますね。


バックパッカーの皆さん、是非とも!!!




この他にも知りたいことがあったら遠慮なくコメント下さい。











では最後に、自分達の葛藤について。

ガラパゴス諸島は急速な観光化によりかなりのダメージを受けているらしい。
確かに、我々がそこを訪れるってことだけで、動物達へのストレスになっているだろう。
動物達と触れ合う度にその楽しさの反面、そういった葛藤はありました。



ツーリストの数が増えれば、宿などの建築、道路の開発、本土からの移住者、
そういったことも増えていくだろう、、それはすなわちそのままそこにある自然へのダメージだ。



だからなに?んじゃ、行くなよって話にもなりますが・・・



たぶんというか必ずやまた行くだろう。いくらかの葛藤を抱きながら。





全然まとまらんし、答えは出ませんが、


せめて行ったからには思いっきり愉しみ尽くす。
そして、そこにある自然や動物達への感謝の気持ちを忘れない。



いつまでも、動物達と我々人類、双方にとっての楽園であって欲しいものです。



そんなところですかね。。。








兎にも角にも、


GALAPAGOSは魅力いっぱい、

超が付くほどオススメです。






読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m ブログランキングに参加しています。
下の四角い世界一周ボタンを

ポチッとクリックお願いします‼
   ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
PC、スマフォの方はこちらから。


世界一周ブログランキング
携帯の方はこちらから。

by sgyksgyk | 2013-03-16 10:27 | GALAPAGOS&ガラパゴス&えくあど


<< 天体の重心を通り、自転軸に垂直...      再びのサンクリストバル島。 >>