たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 03月 24日

僕らが旅に出た理由。

我々夫婦の世界一周もグランドフィナーレ間近です。JAPANが近い!


今は、ロサンゼルスです。
こちらの時間で12時間半後の3月24日16時のフライトで日本に向かいます。
日本時間の3月25日の夜、成田に到着する予定です。





もう終わるんだね、、、早いな~ってのが素直な気持ちです。


正直、、、帰りたくね~ってやつです。今日とかめちゃくちゃオモロかったしね。


でもボチボチ滑りたいし、登りたいし、って気持ちもあります。仕事もしたいです。









ブログもリアルタイムにしっかり追いついてるので、
今回はこんなことを書きます。前々から帰国直前に書きたいと思ってたのね、こういうのは。









僕らが旅に出た理由




タイトルにしておいてなんですが、

「これ!って感じな明確なものは無いね」

ってのが正直なところ。ドラマチックなエピソードは全然ありません。





いつか必ず死ぬんだっていう至極当たり前のネガティブをポジティブに思考した結果、

シンプルにやりたいことをやっただけ。。それだけなんです。

目の前に可能性が広がっていて、それを無視することが出来なかっただけなんです。











だいたいそんなに凄いことしてる感も無いんですよね、実際。
それはたぶん、かれこれ5年以上の計画で、決して勢いだけで出て来た訳では無いし、
やるって決めてしまえば、むしろそれさえ出来れば、誰にだって出来ることだからだと思う。



そんな『それさえ出来れば』を可能にしてくれたのが、ふたりの職業です。
我々夫婦は共に理学療法士の資格を有しております。
普通に働いていたら決してお金持ちにはなれない職業ですが、有り難いことに、
このご時世、再就職にはさほど困らない職業です。これが僕達にとっての唯一の可能性ってやつでした。











確か出発の一年ぐらい前、順調にお金も貯まっていた時期に一度だけ迷ったことがありました。

「これだけのお金があれば、あれも、これも、、、もしかしたら家も、、、」

なんて思考が湧いて来てしまいました。

しかし、とある友人のさりげないがそれでいて強烈な一言で決心がついて、

それ以降は、そうなるもんなんだって、予め敷かれたレールを辿るかのように進んでまいりました。

でも3.11による葛藤は大きかったです。
それでも進みました。それが前進なのか後退なのかはまだわかりませんが。。















旅に出る前、


「凄いね~、言うのとやるのでは大違いだよ」


「さすがだね、らしいよ」


「羨ましいよ〜」




「へぇ~、人生捨てちゃったね」


「完全に世捨て人だね」



そんな風に、ポジティブなこともネガティブなことも言われました。

しかし、どの言葉にもそれほどこれといった感情は抱きませんでした。

というのは、たぶん、ふたりで決めて、ふたりですることだから。

他人がどう思うかなんて正直どうでもいいことでした。















この旅をぼんやり考え始めたのは結婚前でした。。

きっかけは高橋歩さんでした。夫婦ふたりでって思えたのはあの方の著書の影響が強いです。
でもきっかけに過ぎなかった。ちょっと調べれば沢山の方が同じようなことをしていました。


ちなみに、友人の粋な計らいで、
結婚した時に高橋歩さんからの直筆メッセージ付きのポストカードを頂きました。
リョウチンありがとう!そして、高橋歩さん、どうもありがとうございます。

















この旅に出るまで、バックパッカーなんてしたことありませんでした。
だから知らないことだらけ、わからないことだらけでした。英語も喋れるわけではありません。
でも、むしろその方が良かったと今でも思います。



ただ、それでもどうにかなるだろうっていうか、どうにでもなるだろうっていうか、、、



とにかく不安なんて全然無かった。

そしていざ蓋を開けると、確かにどうにかなった。

本気で困ったこと、超絶に大変だったことなんて全然無かった。



まぁ、その辺りの旅のまとめ的なものはその内に書くと思います。


















とりあえず、今回はもう一度、僕らが旅に出た理由です。





一番大切な愛する人が望むのなら・・・ってのも少しだけありました。でもそれは少しです。
もちろん僕自身が望んだことでもあるから。


でも夫婦ふたりで何か凄いことをしてみたかった、、そんなんではありません。




さすらいのバックパッカー、それに憧れを持ったわけでもないし、
いわゆる世捨て人になりたかったわけでもないです。




たまに聞く、「自分探し」、「自分を見つめ直す」、
そんなことはこれまでに散々やって来たし、これからも永遠と続くでしょう。
それこそそんなものはどこでだって出来ると思うんです。
まぁ、世界には人生観がひっくり返ってしまうような刺激が日本よりも多いと思うのも確かですが。





そして多くの旅人がこだわる「世界一周」、それをしたいわけでは決してありませんでした。

今でもお金と時間があるなら太平洋を渡らずに、大西洋を戻って旅を続けたい気分です。












ただ、色々と行きたい所があるから、なんなら一周にしますか!って感じ。




その色々行きたい所も仕事をしながら休みを使って行ける所ならそれで良かった。

むしろ今でも思いますが、その方が絶対にいい。

でもなかなかどうして難しいですよね、日本の雇用形態では。欧米の雇用形態に憧れますよ。






だから辞めるしかなかった。決して辞めたい訳では無かった。
理学療法士としての仕事は大好きだし、勤めていた職場も最高だった。








でも一度しか無い人生、どうせ死ぬっていうか、どうあがいてもいつか確実に終わる人生、
好きなようにとまではいかないまでも、可能な限り自分達が気の済むようにしたかった。







それが目の前の仕事とその時にあった日常で達成されていれば、旅には出てなかったと思う。

確かにすこぶる充実した毎日だった。最高だった。




でもちょっとだけ、ほんのちょっとだけ足りなかったのかも。

だからこの旅はそのほんのちょっとを埋めるための旅でもありました。














地球はデカいって言うなら、そのデカさを身を持って知りたかったのかも。
世界はヒロいって言うなら、そのヒロさをこの目で見たかったのかも。

この世は素晴らしいって言うのなら、それを思う存分味わいたかったのかも。
この世は知らないことだらけって言うのなら、少しでもそれを知りたかったのかも。

迷わず行けよ行けばわかるさって言うなら、行ってみようかって感じだったのかも。











とにかく、ただ単に、、、




自分達で自分達を満足させたかったのかも。




これが一番しっくりきますね。








旅に出る前もそうやって生きてきたつもり。そしてこれからもそうすると思う。

だから旅前だってそんなにムキになって貯金してた訳じゃない。
全てを犠牲にして世界一周に賭けるって感じでは決して無かったです。

フジロックは毎年行ってたし、gentem stickだって買ってたし、
クライミングシューズも気になるものは買ってた。そういった面では金遣いは荒い方だったと思う。

そんなに贅沢な暮らしはしてないと思うけど、何不自由なく気持ち良く生活してた。
仲間にだって恵まれた。最高だった。不満なんてこれっぽっちも無かった。微塵もなかった。







そんな充実した日々の暮らしの延長にこの旅がありました。




だから決して人生を一度リセットするような形では無く、

結婚してこれまでの、『ふたりとしての人生』、その地続きで旅をしたかった。



そして実際に、そのように思う存分、愉しむことが出来ました。

誰に伝えるべき言葉かよくわかりませんが、ありがとうって感じです。




とにかく、最高でしたね。その最高具合は近い内に綴ります。




d0177887_19204318.jpg






以上、帰国直前に振り返るこの旅のモチベーションでした。




わけあって、書き上げるのに時間がかかってしまい、
結局は同じようなことの繰り返しになっているとっちらかった文章で申し訳ございません。


最後までお付き合い頂き、誠に有り難うございます。





読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m ブログランキングに参加しています。
下の四角い世界一周ボタンを
ポチッとクリックお願いします‼
   ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
PC、スマフォの方はこちらから。


世界一周ブログランキング
携帯の方はこちらから。

by sgyksgyk | 2013-03-24 19:27 | カテゴライズ出来ない何か


<< コロンビア、ボコタの宿レポート。      LAアウトドアショップ巡り、こ... >>