カテゴリ:Egypt( 10 )


2012年 09月 02日

フワフワしてんな〜。

海以外のダハブではふわふわしてました。完全に。

水中での浮遊感そのままに地上でも暮らしてました。

そんな楽園ダハブライフはカイロからの夜行ミニバスで到着後、
真っ先に向かった日本食レストランのおにぎりでスタートしました。

d0177887_22261984.jpg



ただの白飯はどこでも喰える、でも海苔はなかなか無い。
塩の効いたモチモチの白米と海苔が生み出す極上のハーモニー、最高でした。

つづき。

by sgyksgyk | 2012-09-02 22:37 | Egypt
2012年 09月 02日

ぶる〜ほ〜る。



こちらはダハブ名物のブルーホール。

d0177887_17551942.jpg



ダイビング大好きな某有名理学療法士に潜りましたって連絡した所、
凄いリアクションが返ってきて、改めて凄いポイントだったんだと気づかされました。
こんな素晴らしいポイントで2回もダイビング出来た私達は幸せなようです。

つづき。

by sgyksgyk | 2012-09-02 18:13 | Egypt
2012年 09月 01日

水中生態観察。


楽園ダハブのとある一日のとある時間、

ヒロミさんがTOMさんとマシュラバ〜バナーフィッシュベイ辺りを潜りに行くって言うんで、
ストーキングがてら防水カメラを持ってシュノーケリングに出掛けてみた。


d0177887_22221217.jpg


つづきです。

by sgyksgyk | 2012-09-01 22:37 | Egypt
2012年 09月 01日

FUNなダイビング!

ライセンスを取得後、ウチらは5本のファンダイブを経験した。
文字通りファンなダイビングだった。最高だった。
その5本中3本のダイビングでガイドをしてくれたのがダイブマスターのTOMさん。

d0177887_20532315.jpg




講習中もアシスタントとして、水中でも地上でもいつでもどこでもどんな時でも、
同じ旅人目線で優しく丁寧にサポートし続けてくれていたし、
更にこの満点以上の笑顔でダイビングの素晴らしさ、楽しさ、奥深さを教えてくれた。
そしてガイドをしてくれたダイビングでは一緒に楽しんでくれていた。それが何より嬉しかった。

感謝です。

水中写真はこちら。

by sgyksgyk | 2012-09-01 21:11 | Egypt
2012年 09月 01日

YOSHIさん


この方が僕らのインストラクター、YOSHIさん。

d0177887_18524742.jpg



海中でのその存在感、そのスキル、醸し出すオーラはほぼ神です。ポセイドンです。
そんな方にダイビングのいろはを教えて頂きました。そしてライセンス認定して頂けました。
感謝です。

ご本人の了承を頂きこんな記事を書いているのには理由があるのです。
というのは、ウチらが大好きなジャパニーズアンダーグラウンドHIPHOPのMCに似てるんです。

つづきです。

by sgyksgyk | 2012-09-01 19:04 | Egypt
2012年 09月 01日

ダイバーになるということ@ダハブ

ダイビングとはただ単に海に潜って、泳いで、はしゃぐって事では無く、
海中という我々人間にとっては非日常の世界において、
己の身体をコントロールし、安全に、自由に、そして効率良く動くって事なんだと思う。
そしてそのようになるためにライセンス制度が存在しているのだと思う。


そしてそして、
ダイバーになるということは己の呼吸を完全にコントロールするということとイコールである。

そのように僕は教えられ、そうなろうと努力したのです。
その結果、なんとかかんとかライセンスは取得出来ましたが、
まだまだダイバーでは無いと思うのです。


向き不向きで言えば、完全に不向きでした。
だからこそ書ける記事っていうのもあると思うので書いてみます。


ここから先は、私が苦労した事、驚いた事、出来なかった事などを中心に書き上げますので、
これからライセンスを取得しようと考えている方々は是非とも反面教師にして下さい。
そしてもうライセンス持ってるよって方々は是非とも指を差して笑って下さい。
あるいはそれは違うぞってことがあればビシバシとご指摘下さい。

僕のような下手糞ダイバーにならないために。

by sgyksgyk | 2012-09-01 16:46 | Egypt
2012年 09月 01日

懺悔。

さてようやくダハブシリーズです。
この楽園についての記事を書く前に、とりあえず謝ります。







「どうもすいませんでした。」





どういうことって思いの皆さんも多いと思いますが、
ここから始めないと動けません。。。

つづきはこちら。

by sgyksgyk | 2012-09-01 03:53 | Egypt
2012年 09月 01日

Pyramidはピラミッドであり、それ以上でもそれ以下でもなかったです。


こちらの世界有数の観光地、ギザの三大ピラミッド群。

d0177887_021597.jpg




それに関しての個人的な感想はタイトル通りです。


暑さにヤられてたし、客引き諸々はウザいし、エジプト文明に関して勉強不足やし、
デッカくて迫力はあるけど、どこからどう見てもピラミッドはピラミッドやし、、、


ということで古代のロマンに浸ること無く終わりました。
ひとつの重大事件とともに・・・

本編こちら。

by sgyksgyk | 2012-09-01 00:23 | Egypt
2012年 08月 31日

ラマダンに関する更なる考察。



もう溶けてしまうのではないかと思わせるカイロの暑さ。
ちなみに訪れたのは8月1日からの4日間。
アフリカ縦断トリップの疲れとそこでの涼しさからのカウンターなのか、とにかく参ってました。

夜の賑やかな街並はそれなりに楽しい。
それと、ロンドン五輪サッカーJAPANvsエジプト戦のタイムリーなエジプトでの観戦。
これも僕だけはかなり興奮した。
しかしそれ以外では日中に特にテンションが上がることは無いまま過ごしてました。


とにかく暑いんです。


なのでエアコンがかなり恋しくなりマクドナルドに行ってみました。
そしたらとても興味深い様子を見ることが出来ました。

つづき。

by sgyksgyk | 2012-08-31 16:15 | Egypt
2012年 08月 30日

ラマダンカイロ。


カイロの空港に着いたのは12:00前。  
バスで市街地に行けるって言うので、まずは空港シャトルバスに乗り込み、
バスターミナルへ。ここで356番のバスを待つ。
バスの番号表記は全てアラビア語なのでまるで"暗号解読"のようです。
待てとども待てども来ない・・・ラマダンだからですかね・・・

結局2時間半ほど待ってようやく現れた356番のバス。
同じ様に待っていた人も多く、なんとか乗り込んだら満席。
ユッキーはジェントルなエジプシャンに席を譲ってもらい座ることが出来ましたが、
自分は70分ほぼ立ってました。

とにかく全然welcomeな感じはしないスタートになりましたね。

d0177887_22134746.jpg


つづく

by sgyksgyk | 2012-08-30 22:25 | Egypt