たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 05日

さらば東南アジア!ベトナム~中国へ。

皆さん、ちょいとお久しぶりです。



  トータルすれば、一日一回ぐらいのペースで更新してきたブログもだいぶペースが落ちてまして、残念です。


  しかーし!ブログのための旅であるはずも無く、自分達の"思い出迷子"防止の要素も強いブログなんで、まぁ、イイです。



 それでも少なからず楽しみにしてくれている方々もいらっしゃると信じて、書けるときには書いとこって思います。






  んで、今まではほぼリアルタイム更新だったのですが、ネット規制大国中国に滞在していれば、そりゃ無理だろうと。


  実際にはちょっとした技でくぐり抜けられるらしいが、これまでの宿泊先ではWi-Fi環境も無かったし、似非野良Wi-Fiもログインが必要だったし、Wi-Fiフリーカフェなんて見かけなかったんで、試してもいません。






  そして、今までの感じで記事を書いていれば到底リアルタイムに追い付けなくて内容の鮮度が落ちてしまうんで、ここはかなり端折りながらも、一日のんびり出来そうなモンゴルの首都ウランバートルでの時間を使ってこれまでの旅の様子を報告します。



  端折った分で、どうしても書きたい事はニセコ滞在中に書くってことで。




  ということで先ずは、


  私の意図した部分とは違って、"水着でクライミング"がとても反響を呼んだ前回の記事以降のベトナムから中国は蘇州までについてです。






8月23日、カットバ島からハノイへ。


  ハロン湾クルーズして帰るっていうツアーもあったけど、より安くより早くってことで行きと同じ手段で。10ドル。


  ハノイに戻って宿探し。前とは違うエリアで一泊15ドル。Wi-Fi調子よし。んで、スコールにやれながらも中国南寧行きのバスチケットを購入。



  帰りに食べたこれ、安ウマです。

最後の読み込み-9







8月24日、ブログ更新と荷物郵送。


  東南アジアもラスト。旅が始まり約2ヶ月経ちザックの中身での優先順位がはっきりしてきました。ってことで軽量化を図ります。


  これが郵便局。


最後の読み込み-11



  職員では無いらしいでも職員風のオヤジにダンボールやらテープやらの世話をされた。結局結構な値段とられたが、目の前の正規職員も見て見ぬ振りだし、仕方なし。でも悪い奴じゃなかった。






  そして皆さんからの愛情として頂いた数々のグッズも…送り返す事に。


  なんかすいません、でも気持ちだけはバッチリ貰いました。何せ重くなり過ぎだったんです。これではトレッキングどころじゃ無くなるんで、ミニマムミニマム。





  変圧器もやっぱり無くても大丈夫ってことで。あとは細かいものを諸々と。ふたり分で計5キロぐらい。船便で1~2ヶ月かかるらしいが、2000円強。ありがたい。

オカン、そのうち届くんで宜しく。申し訳無いですが、お土産的なものは何一つ入ってません。



  
  昼に食べたこのうなぎ春雨はまたまた美味い。ハノイでは美味しいもの恵まれました。

最後の読み込み-8





8月25日、ハノイ~中国南寧へ。


  7時半出発のバスに乗る為に徒歩で移動。ホアンキエム湖周りの朝の風景は興味深いものでした。



  国境ではYKにちょっとしたハプニング!!!



  いつもこういったとこではオトコファーストで僕の方が時間かかって、名前みれば家族ってわかるだろうからYKはスムーズなことが多い。

  
  でも中国は違いました。ラオスで取得したビザに不具合があったのかなんか知らんが、とにかく10分以上かかったね。



  通過した先で待ってる僕は、明らかに後ろに並んでた奴らがどんどんくるし、職員は少し慌ただしいし、YKの姿は見えないしで…。




  およそ50mの間で何が起きたん⁉

さらわれたか⁉マジか⁉って気分。


  結局、よく分からんかったが無事に通過してきた。




  迷子防止の札と笑顔です。


最後の読み込み-1



  そして、無事に南寧到着、道中はハロン湾みたいな奇峰がいっぱい。中国は開拓しだしたらキリが無いぐらい岩がありますね。




  バスターミナルから南寧の鉄道駅へ。


最後の読み込み-2





  人いっぱい。切符を買うには噂通りの長蛇の列。さて並んでみますか。





  いやいやそんな軽い気持ちではダメダメでした。


  完全に舐めてました中国を、すいませんでした。




  ここはもう東南アジアではないんですね。僕らを温かく迎えいれてくれた国々とは違うんですね。


  ここ中国では誰も僕らを求めていません。あの客引き達が懐かしいです。






  一本20分以上の列にトライすること2回。結論としてはかすりもせずに切符は買えませんでした。


  もちろんのごとく英語は通じず、漢字大作戦も全く相手にされず、

漢字で書いたメモに一言「NO!」って書かれて返って来ました。



  確かに電光掲示板には上海行きの列車は一週間先まで売り切れの様子。
  

  「中国は中国人だけで間に合ってます!」って感じでしょうか。




  でも早いとこ蘇州に行きたいんで、諦めずに近くの旅行会社に。



  そしたら居ました!天使が!


  カタコト日本語を操るハニカミエンジェルです。


最後の読み込み-3




  Googleの日中翻訳機能を駆使しながら、僕らの鉄道案は無理っていう絶望的な状況を説明し、飛行機という新たな活路を見出してくれました。


  陸路にこだわりを持っていたのですが、ここに1週間滞在するぐらいならってことで、一人1600元ぐらいのチケットを手配して貰いました。


  ありがとう、助かりました。





  出発は明日の朝ってことで、宿探し。



  こちらも難航しました。どこもかしこも外国人お断りなんです。4軒断られました。

  どうやら国の決まりで安宿に泊めると取り締まりにあったりするらしい。

  以前、どなたかのブログで紹介されていた宿になんとか辿り着いて、無事にチェックイン。





  一安心して待望の麻婆豆腐。安い美味い多い。


最後の読み込み-4




  初のドミトリーでさて寝ますかって所で、

日本の友人より素敵過ぎるお知らせが届いてとても幸せな気持ちでぐっすり寝ました。







8月26日、南寧~蘇州へ。


  ギャラクシーホテル前からのシャトルバス20元で南寧空港へ。


最後の読み込み-5




  日本の国内線よりはゆったりしたシートとガキの頃を思い出させる機内サービスに満足しながら上海虹橋空港へ。



  そこからは噂の新幹線に。ここでのチケットは英語も通じてスムーズに購入。調子でてきました。


最後の読み込み-9




  しかし、飛行機に新幹線ってこの旅ではかなりVIPな移動手段。


  時速300キロに到達、およそ40分で蘇州駅に到着。40元ってことは500円ぐらいか。安速いですね。


最後の読み込み-10




  なんで蘇州に来たかは次回の更新で。

最後の読み込み-11


  スリ被害の多いウランバートルよりSGでした。



  一読して頂き、ありがとうございます。

ブログランキング参加中。一日一回、ポチッとクリックお願いします。

色んな世界一周ブログにも行けますので。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


  携帯の方はこちらから。

世界一周ブログランキング

by sgyksgyk | 2011-09-05 14:12 | 中華人民共和国


<< ありがとー!リーダー!@蘇州。      明日から中国。 >>