たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 05日

北京にて6年振りの友人と再会。

8月30日、劉さん登場!




  IUHWPT6期生の皆さーん!

  お待ちかね、劉さんでーす!

最後の読み込み-54








  夜行バスにて無事に北京入り。でも着いたとこはヤクザ風の連中が言ってたとことは違う様子。

  とりあえずは客引きにのってタクシーで目的の宿へ。一泊150元。ビジネスホテルみたいな感じのとこ。



  なんとなく劉さんが北京の南が都合良いって言ってたんで、その通りにしたけど大正解。後でわかるんだけど、劉さんの職場からもなんとか歩ける距離。







  ここで劉さんについて紹介を。写真は奥さんとの素敵なツーショット。


最後の読み込み-60


最後の読み込み-61




  この方、中国ではとっても有名な理学療法士で、沢山の研修生と実習生が来るような中国で一番のリハビリテーション施設の主任


  仕事は多忙を極め、講演やら何やらで中国全土を飛び回っている様子。教科書とかも書いてるらしい。



  ここまで書くと同級生諸君は少しはてなマークかな?







  いやいや安心して下さい。



劉さんは紛れも無く劉さんでした。何一つ変わってません。

奥さんはちょっと太ったよって言ってたけど。


  日本語レベルも全く衰えてません。問題無しです。




  そうなんです、劉さんは僕の大学時代の友人。大学院時代も含めると5年の付き合い。劉さんは7年振りって言ってたけど、たぶん6年振りだな。



  中国からの期待を背負っての留学生だったんですが、典型的なマジメ留学生では無く、

国家試験前日に相撲を見に行ってしまうような僕らとしてはとってもナイスなキャラクターの持ち主。


  完全に愛されてました。でも先生方は呆れてました。



  大抵の同級生はさん付けで呼ぶんですが、僕に関しては「しょーごー」って独特の日本語で呼ぶのよ。

  よくよく飯も作って貰ったし、調味料も頂いた。大学院時代にはYKもご馳走になった事がありました。卒業後も先生を遣ってお土産を届けてくれた事もありました。



  移動中の車内でも思い出話に花が咲くこと、仲間の名前も出て来る、出て来る。


  僕が忘れてる名前まで出て来て焦りました。




  そして、たくちゃん。渡したぜ!例の品。





  思いっきり感激しておりましたよ。しかし、同時に淋しそうでした。


  「卒業してやっと初めて同級生が来た。何でもっと来てくれないの?」って。


  日本で一生懸命理学療法士してたらなかなか来られないよって説明しておきました。






  でも、とにかく皆に会いたいらしい!

  皆で同窓会的な発表会を北京でやりましょう!って仕切りに言ってたよ。


  コレを読んでくれたIUHWPT6期生の皆、これを機に是非是非連絡してみて下さい。

元気ですか?だけでも十分なはず。

  アドレスは僕のとこか、アリのとこに聞いて貰えば大丈夫だと思う。メールは日本語で全然問題無いですから。



  宜しくどーぞ!




  と、ここまで書いていたら予想外に長くなってますが、劉さんですからね。そりゃ、そうなる。





  宿まで迎えに来てもらって、夜ご飯は劉さんの職場のレストランでご馳走になって、その後はスタッフルームで「お茶」をたしなむ事に。


  このお茶が旨いこと。劉さんの愛弟子、周さんが淹れてくれました。

最後の読み込み-64






8月31日、北京レポート。

  
  当初の予定ではモンゴル移動だったんだけど、劉さんのゴリ押しで一泊延長。昼間は劉さんが実習生をガイドにしてくれて、北京市街地へ。


  英語が達者な実習生は、ほうさん。名前の漢字がわからん。


最後の読み込み-70





  北京最大の本屋でガイドブックを探すが取り扱い無し。


最後の読み込み-68




  その後、ほうさんの提案でなんとなく天安門広場へ。文字通り広かったよ。でも正直それだけ。


最後の読み込み-76



  ほうさん、ナイスなガイドありがとう。

  お陰で地下鉄の乗り方とだいたいの土地勘がついたは。彼としても病院から出れて良いリフレッシュになった様子。総長直伝のマル秘テクニックも見せるだけ見せておきましたよ。





  夜は劉さんの広い交友関係のなかでもなかなかにVIPな人達とVIPな円卓囲んでの会食。高級海鮮料理。


わけわからんぐらい高くて、びっくりするほど美味でした。


最後の読み込み-80



  劉さんの

  「とってとって、食べて食べて。」攻撃にやられてお腹いっぱい。



  この会食中で、日本で過ごしていれば一生かかっても聞けないぐらいの中国語を耳にしました。


  そして、自分の話を通訳を通して相手に伝えるという貴重な体験をさせて頂きました。






  YKが回復の兆しをみせて一安心です。SGでした。

  


  一読して頂き、ありがとうございます。

ブログランキング参加中。一日一回、ポチッとクリックお願いします。

色んな世界一周ブログにも行けますので。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


  携帯の方はこちらから。

by sgyksgyk | 2011-09-05 20:22 | 中華人民共和国


<< 北京レポートとモンゴルへの越境。      ありがとー!リーダー!@蘇州。 >>