たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 20日

劉さん、ありがとう。

9月15日、北京ラストナイト


劉さんとの最後の夜は、高級蘇州料理。



d0177887_1245432.jpg




僕らはいったいどれだけ劉さんにご馳走になったのであろうか、

会計している姿を見たことないんだけど、物凄いことになってるだろうな~。




この日はお二人のプロの歌手の方も同席しており、素晴らしい歌声を生で聴かせて頂きました。



d0177887_125645.jpg





d0177887_1251241.jpg




ものほん、マジで上手かった。




劉さんも何故か頼まれても無いのに日本語の曲を唄ってました。




d0177887_1253562.jpg




テレサテンとか美空ひばりとか、ウチのオカンが好きな「はな」っていうのも唄ってた。




料理はというと、正直、目ん玉飛び出るほどって感じでは無い。



d0177887_1254774.jpg





d0177887_1255325.jpg




劉さんとの会食の傾向として、高級であればあるほど、少し口に合わないものが出てくる。

美味しいには美味しいけど、その金額ほどはウチらは楽しめて無いはず。申し訳ないね、劉さん。

今度は庶民派でお願いしよう。日本人が馴れ親しんだ中華は庶民派よりのはず。



しかし、北京滞在中はほぼ毎日、バックパッカーである事を忘れてしまう、豪華な晩ご飯ばかり。そして毎回、宿まで送ってもらうというVIP待遇。感謝、感謝。


最後の夜は店を出たら雨降ってきたため、慌しくて感動のお別れって感じでは無かった。でもそれが良かった。これからは普通な感じで会いたいしね。




でもね、とにもかくにもね、劉さん、



d0177887_1255843.jpg




本当に本当にありがとう。




必ず、また来る。



d0177887_1262639.jpg




でもその前に日本でお会いしましょう。




そうそう、IUHWPT6期生の皆にも知らせておく。



なんだか、劉さんは中国人初のボバースインストラクターになるべく、年一回か二回ぐらいのペースで日本で研修するらしい。実際にこの間の8月初旬も10日ぐらい山梨に行ってたよ。


だから日本で会うチャンスもあるはずなんで、どんどんメールしてみて。次回は今度の冬ぐらいって言ってた。





そして、こんだけお世話になった劉さんに何かお礼をしようと思うんだけど…

劉さんは特に欲しいものは無い様子。




そこでここはひとつ、とっても良くしてくれたヴィトン好きの奥さんの方に何かプレゼントしようと思うのです。




なので、メグにお願い。40歳ぐらいの女性が使えるクラシックなタイプのがあったら知らせて。宜しくです。






成都に移動してすっかりバックパッカーに戻りました。SGでした。




一読して頂き、ありがとうございます。

ブログランキング参加中。一日一回、ポチッとクリックお願いします。

色んな世界一周ブログにも行けますので。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯の方はこちらから。

世界一周ブログランキング

by sgyksgyk | 2011-09-20 01:19 | 中華人民共和国


<< 成都の日々、はっきりいって堕落...      万里の長城 ~少し着眼点を変えて~ >>