たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 03日

7mission@ムンバイ


いやいやもうだいぶ前のことになりますが、インドで最後に訪れたムンバイについての記事です。


率直に申しまして、ムンバイ良かったです。


最後だったから良かったのかもしれません。
宿代が他に比べたら全然高いので滞在費はかさむんですが、
もうインド最後だからって、結構贅沢したような気がする。


といってもアフリカに比べたら大した事無いですが・・・








ジョードプルから我々を乗せた極上2A車両がムンバイに到着したのは6月28日の昼過ぎ、
これまではなんとかかんとかモンスーンの影響を避けて来れたが、
この日は直撃って感じの土砂降り。



到着した駅周辺は道がすべて川って感じ。いや川じゃないドブだね。

だって今まで散々避けて来た牛糞やら人尿やら何やらを全てを巻き込んでる訳ですからね。
膝下までガッチリ泥水状態で歩いて、リクシャー捕まえて最寄りのムンバイ市内鉄道駅まで移動。



ここから1時間弱電車に揺られてムンバイCST駅に到着。
ここは大都会な感じなので排水処理きちんとされてたし、雨も止み気味。
20分ほど歩いて予定通りの宿へチェックイン。





ムンバイは2泊+フライト時間の都合で最終日は夜まで時間があるという感じだった。

その中でやるべきことが決まってる感じでいつもと違ってテキパキと動いてました。

ミッションは全部で7つありました。

ひとつずつご紹介。





、日本への荷物の郵送

プシュカル辺りで買った自分らへのお土産やら不要物を追浜の実家へ送る事に。

中央郵便局に出向くと何やら外で白い布に包んで来いとの指令。
道路の反対にいるこのおっさんに依頼。
テキパキと白い布に包んで縫い合わせる。そしてその布にダイレクトに日本の住所を記入。
郵送費、パッキング代全て合わせて962ルピー(¥1350ぐらい)。
1週間もしないうちに無事に日本に着いてました。

d0177887_16301441.jpg





これは何度も食べた路上ホットサンド屋。


d0177887_16304645.jpg







、インド門とタージマハルホテルの観光

d0177887_1631421.jpg



d0177887_16321780.jpg



行きはバス。帰りは徒歩で行ってきました。インド人観光客沢山です。
雨がパラついてたましたね。

ゆきえさんはタージマハルホテル建造のエピソードに思入れがあるらしく、
どうしてもここには来たかったらしいです。

d0177887_1632452.jpg




インド門は"門"なのに向こう側は海で、くぐるモノではないらしいです。

d0177887_1633827.jpg







、生ビールを堪能

インド3ヶ月を無事に過ごせたので、お疲れ様"乾杯"です。
いや~うんまかった・・・
なんだかムンバイには欧米風なBARがチラホラあって、ピッチャー生ビールでした。

d0177887_1634734.jpg








、ドービーガート見学


d0177887_1635838.jpg



ここにはチャーチゲート駅から市内鉄道を使って行って参りました。
帰りは反対路線に乗ってしまうという残念なハプニングがありました。

洗濯は低いカーストの方のお仕事らしいです。
カーストに関しては色々と考えさせられました。いつかの機会に書ければ。。

それにしてもこの日は天気が良くて清々しかった。
そして何だか写真映えする所です。

d0177887_16355140.jpg


d0177887_16361457.jpg


d0177887_16363978.jpg





向こうに見える高層ビルとこの手洗い洗濯場のコントラストが、
インド特有の矛盾を表しているような気がします。


d0177887_163762.jpg










これは映画スラムドッグミリオネアでも出てくるムンバイCST駅。
世界遺産登録されてるカッコいい駅です。


d0177887_16374852.jpg










、サンダルの購入


2度の修復を経ながらも活躍していた大のお気に入りのmontbellサンダルが
いよいよ壊れて来たので新しいモノを購入。全くもって同じもので良いのですが、
流石にインドにmontbellは無いので、ナイキとかがあったらいいな~って思ってたら、
都合良くインド門近くでナイキとアディダスとリーボックを発見。

ナイキとアディダスを2回ずつ訪問して履き心地重視でアディダスのちょっとお高いのに決定!
3999ルピーでした。今現在、montbellサンダルは室内履きとして活躍してます。


d0177887_16385716.jpg







、インド映画体験


インド娯楽と言ったら映画、そしてインド映画と言ったらムンバイ。

そう、ムンバイは旧称ボンベイで、
その呼び名を文字ってハリウッドならぬボリウッドとして、
数多くのインド映画を世に送り出しているようです。

なので、どうせインド映画観るならムンバイかなって思ってました。


d0177887_16394911.jpg



チケット売り場のタイムスケジュールを写真に撮って自分達のスケジュールと照らし合わせ、
公開したての"マキシマム"ってのに決定(1人180ルピー、¥250ぐらい)。

正直、全然でした。

終わり方も救いようの無いサスペンスアクション、すっきりしない感じになってしまったので、
ここはひとつ本場ハリウッドを観ますか!ってことで、

こちらも公開2日目の"スパイダーマン3D"(こちらは3Dなので240ルピー、¥340ぐらい)。
すんげえ人気で満席間近の滑り込みセーフ。


インドで生涯初の3D鑑賞になりました。
わっかりやすいアクションものは英語のヒアリングに難があっても問題無いです。
最高の映画体験でした。


最高の映画体験といえば、どちらの映画でも最高の瞬間がありました。





それはインド国歌の斉唱です。




映画本編が始まる前の予告編時間、
その時間に唐突に流れ始まるインド国歌と国旗掲揚の映像、
全観客は当たり前の様に、そして待ってました!って感じで一斉に起立

始めは何事かとビックリしました。


恐らくインド国歌が理解出来ないのは我々だけだったと思います。
でもあの異様なまでの一体感はなかなかどうして貴重な体験になりました。

そしてスパイダーマン前の国旗掲揚シーンは、
ヒマラヤ辺りで軍隊の協力のもとに撮影されたものらしく、
無駄に物凄くカッコ良かったです。一見の価値ありです。


d0177887_16412881.jpg







、インドルピーの消費


物価が高くなるであろうアフリカを前に、
シャンプーや蚊取り線香、虫除けクリームなどの消耗品やお菓子を買い込み、
そして最後にムンバイの空港でゆきえさんは200ルピーのアイスカフェラテ、
自分は20ルピーのチャイを飲んだ所でピッタリと手持ちのインドルピーを消費。
スッキリと出国できました。


次回更新からいよいよアフリカ大陸です。



一読して頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加してますので、
ぜひぜひ一日一回、四角い世界一周ボタンを
ポチッとクリックお願いします。

色んな世界一周ブログを見る事も出来ます。

パソコンとスマフォはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方は下の文字を。
世界一周ブログランキング

by sgyksgyk | 2012-08-03 16:43 | THE印度


<< ナミビア、ウィントフックの宿レ...      阿弗利加大自然満喫行脚 >>