たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 16日

自分史上最も最低で、最も理不尽な移動。。。

いや~、様々な要因により、
ザンジバル島からダルエスサラームへ戻る際の夜行フェリー移動は最低最悪なものになりました。




旅人達よ!注意してくれ!これはいかん!駄目だ!乗るな!




どこから説明したらよいのやら、、、順番がようわからんが、、、



写真はたったの3枚ですが、なんとかこの移動の理不尽さ、非常識さを伝えたいと思います。











まず初めに説明しておきたいのは、
ザンジバル島⇄ダルエスサラームの移動手段についてです。


旅人の選択肢は、


高速フェリーの利用、2時間位で35ドルぐらい、
普通フェリーの利用、4時間位で20ドルか25ドル、
例外的に地元民向けの大きなダウ船(これはどうやって利用するのかわかりません)、


この3パターンだと思います。




ウチらは往路復路ともに10ドルを節約するために普通フェリーを使いました。



んで、普通フェリーに関してはザンジバル行きは昼発、ダルエス行きは夜発で、
20ドルと25ドルのフェリーが日替わりで交互に運航しているようです。





ザンジバル行きに関しては20ドルのフライングホース社のフェリーだったのですが、
これは良かった

外国人に関しては20ドルのチケットしか買えないんだけど、
しっかりとVIPルームが用意されていたので、問題無く過ごせた。。







大問題だったのは帰りのダルエス行きですよ。
こちらは25ドルのシーガル社の日だったんですね。
5ドル高いからよりVIPな待遇だと思ったんですよ。。。



でも特にVIPルームは無くて、1等か2等。外国人は高い料金を払わされているので当然2階の1等。
フライングホース社の時は大きな1人掛ソファーとかで、
居心地良しだったのですが、シーガル社の船はこんな感じの席が連なってた。。

d0177887_6254235.jpg





行きの船とはだいぶ様子が違うので、一瞬戸惑ったが、
こういう形なら横になって寝ちゃえばいいやって思って、
テレビもどうせ見ないからって一番端のまさにこの写真の席に陣取ったのです。


d0177887_6262392.jpg








そんで横になってウトウトしながら出航の時間を待っていると、







あれあれ、あれあれ、





結構な数の地元民が続々と乗ってくるぞ・・・







おいおい、おいおい、






様子がおかしいぞ・・・

なんだか寝ていられない雰囲気だぞ・・・







って考えている間にも地元民は増え続け、なんと乗船率は140%超え





席を確保出来ない人は通路にシートを敷いて座り始めてる。カオスや!!!



この時には流石に寝てんのは気まずくなって写真奥の4人掛けと思われる席に2人で座ってたが、
それに気づいた乗客が2人、当たり前の様に座って来て、しっかり4人掛け成立。






いやいやいや、待ってくれと。




この状態で朝まではきついやろうと、何か策は無いかと考える。

ていうか、先ずは周りの皆がいくらのチケットを持って、ここに座っているのかを確認したい。




すると皆さん、口を揃えて「10ドル。」の返答。










マジか!!!







そうなんか!!!


それならどうして同じ席なんや!!!









おかしいがな、、、僕らは25ドルですよ・・・

半分以下ですか!!!







ということが判明して悪あがき開始。周りの皆は不思議そうな顔と同情してくれている顔が半々。
うん、皆さんは悪く無いですね。。んで、狭い席の奥から這い出て辺りを散策。





どこかに別室があるのでは無いかと、、、探してみるも、、、聞いてみるも、、、

そんな気配は全く無し。。。





というか1階の2等室は更に酷いことになってた。乗船率は200%やね。
それを見て、しょうがね~かとも思ったけど、




でもこのままでは引き下がれません。
同じ料金ならまだしも倍以上の料金を払ってこの仕打ちは何事やと、ぼったくりかと。






なので、全体の割合からしたら1%にも満たない他の外国人を探し、
いくら払ったかと聞いてみると、物凄い苦い顔で「25ドル。」の返答。

地元民は10ドルらしいよって伝えたら、「そうらしいわね、酷いわよね。。」
って感じでお互いに苦笑い。








信じられますか!この仕打ち!






外国人価格が設定されていて、それしかチケット買えないのはまぁ、しょうがないにしても、
それで席が同じって。。。そりゃないでしょ。。。しかもその席がこれって・・・





しっかも、揺れる揺れる。


ぐらんぐらんですわ。しっかりばっちり揺れてます。
のんびり進んでる分、余計にうねりを喰らってる気がします。



そんでもって座席は超狭いし、蒸し暑いし、テレビうるさいし、最悪っす。



インドで何度か苦しい移動を経験してきましたが、
今回は料金設定の面でも信じがたい事になってるので、メンタルダメージ倍増。
ユッキーは船酔いもくらって、フィジカルダメージも酷い事になってて、
本人曰く、座りながらも失神するというネパールカトゥマンズの悪魔な夜
彷彿させるような感じだったらしい。










でもまぁ、明けない夜っていうのはこの世には無いらしく、

なんとかかんとか朝を迎え、無事にダルエスサラームに到着。





シートを片付ける乗客を横目にしばらく放心状態で動けませんでした・・・

d0177887_6292898.jpg






いつもいつもこんなに混んでいるのか、それは定かではありません・・・






しかーし!!!

絶対に乗らない方がいいです。考えられへん!ってやつです。






なのでフライングホース社の日に移動して下さい。




という締めでこの記事を終わらせたいのですが、



最近、ザンジバル島に行って来た旅人の情報によると、
フライングホース社の船が2~3週間前に沈没。。。


現在、普通フェリーはシーガル社のみらしいです。



ちなみにフライングホース社の沈没原因は積載超過。
荷物も人も載せ過ぎだったようです。ということで、無事に帰ってこれただけ良しとします。



沈没事故に関しては、幸い出航前の沈没だったようで犠牲者は無かったという話でした。




長くなりましたが、結論としては、

"10ドルをケチらずに35ドル払って高速フェリーを使いましょう"だと思います。


一読して頂き、ありがとうございます。ブログランキングに参加してますので、
ぜひぜひ一日一回、四角い世界一周ボタンをポチッとクリックお願いします。

色んな世界一周ブログを見る事も出来ます。

パソコンとスマフォはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方は下の文字を。
世界一周ブログランキング

by sgyksgyk | 2012-08-16 17:22 | Tanzaーニア


<< タンザン鉄道、56時間の大移動。      ザンジバル島での4泊目。 >>