たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 08月 17日

タンザン鉄道、56時間の大移動。



悪魔な移動でなんとか辿り着いたダルエスサラーム。
時間は朝の6:00前、明るくなってからテクテク歩いてYWCAへ。
安堵のチェックインをしてカズさんと再会。


その後に翌日(金曜日)出発のタンザン鉄道のチケットを手配しに向かう。


タンザン鉄道は地元呼び名でタザラレイルウェイ、
全長1859kmのタンザニアとザンビアを結ぶ鉄道でございます。








鉄道より早く移動出来るバスという選択肢もあったのですが、
日程的に何とかなりそう(タンザニア発は火曜と金曜のみ)なので、より快適な方を選択しました。
ローカルバスに乗って鉄道の駅へ。

なんのトラブルも起きないままあっさりと一等のチケットGET!



ほっと一安心して市街地に戻って中華料理屋へ。

d0177887_20591828.jpg


ちょっと高かったけど、それに見合うクオリティー。中華料理、流石っす。




あとは翌日からの鉄道移動に向けての小さなお買い物や洗濯などをして過ごす。
翌日はカズさんとブランチを共にしてから、ローカルバスで鉄道の駅へ。
カズさん、色々とオモロい話をありがとうございます。またどこかで!



ちなみに移動手段に関しての詳細はこちらの記事で。






お待ちかねのタンザン鉄道は13:30出発予定が予定調和な遅延で16:00頃出発。


長い長い旅の始まりです。



2段ベッドのコンパートメント内でどこに陣取るかは早い者勝ち。
自分は下段。妻は上段。
といっても同じコンパートメントではありません・・隣の隣です。


なんでかって男女別だから。。。
チケット取得の時に男女4人とかで申し込む場合は同室に出来るみたいですが。


でもお互い同室のメンバーには恵まれ、何不自由なく過ごせました。



今回の読書はインドのムンバイで買ったコレ。

d0177887_214890.jpg


村上春樹、海辺のカフカ、英語版。日本語で5回は読んだので、ノリで読み進めてます。




太陽と雲がカッコいい初日の夕方。食堂車のご飯も予想以上に安旨で一安心です。

d0177887_2112543.jpg


でも洗面台から水が出ないためにボトルウォーターの消費が予想以上に早いです。






こちらはその次の日の夕焼け。

d0177887_2114947.jpg




本当にのんびりした鉄道です。スピード自体も遅いし、なんだかよくよく止まります。
特に国境辺りでの線路切換をする時には行ったり来たりで1時間位やってましたね。
そして横揺れはもちろん、時に縦揺れホッピングも生じる列車でしたね。



停車すると物売りアピールがやってまいります。

d0177887_21155188.jpg


結構色々と買い込んだのであまりお世話にならずに済みました。




国境を越えたのは出発してから36時間後ぐらいだったかな。。
降りてイミグレ行ったりする必要は無く、係の方が順番に回って来てくれるので、楽ですね。
ほぼ通常レートの両替商も来たので、手持ちのドルをザンビアクワチャに替えました。




ザンビアに入ってからこんな駅が。KASAMA。

d0177887_21174127.jpg


茨城のボルダリングポイントを思い出します。




こちらはザンビアのとある駅での風景。長い事停車していたら沢山の子供達が集まってくる。

d0177887_21184379.jpg




でもカメラを向けると、こんな感じ。。。

d0177887_2121855.jpg




照れてるのか、なんなのか、、、とにかく逃げるのよ。あと、自分の眼鏡姿を馬鹿にしてたな。

d0177887_21223111.jpg




でも最後の方はこ慣れてきたのか、逃げるのに飽きたのか、こんな風に撮れた。

d0177887_21234412.jpg






こちらは同じコンパートメントだったとってもノリの良いタンザニア人のお別れシーン。
彼女を部屋に呼んで、2人の体格からしたら狭過ぎるベッドで2人仲良く寝てました。。。

d0177887_21251348.jpg




「I miss you.」な彼女。彼女はザンビアまで向かうらしいっす。

d0177887_21262715.jpg









この後、彼女は、僕に「I'm coming.」と言い残してとても淋しそうに去って行きました。。。






えっ!?






彼がいないのにまた来んの?って一瞬考えたが違った。。




そうなんです、彼女だけで無く、同室の他の方も、
多くの地元民が僕なら「go」を使う所で「come」を使うんです。
最初は戸惑いましたが、彼らの行動を見ていたら明らかに"GO"なので、
恐らくは間違いだと理解しました。






日が暮れ始めました。

d0177887_21281651.jpg





そしてこちらが3回目の夕日。

d0177887_21292967.jpg





この頃には到着すると思っていた。


だってゆきえさんと同室のおばちゃんが、「イブニングに着くよ。」って言ってたから。
でも一向にその気配は無いので、食堂車に行ってみるとまだご飯食べられるし、
職員が「ミッドナイトアライブ」って。。。



たぶん、おばちゃんの英語間違いだったのでしょうね・・・



ということで、3回目にして最後の晩ご飯をしてまた寝てみる。
晩ご飯はチキンとビーフを交互に食べてました。
毎回毎回クオリティーが異なるのですが、ライスセットにしておけば大きなはずれはありません。




そしてそして、ようやく終着駅カピリムポシに到着したのは深夜0時過ぎ。
全長1859kmを始発駅から終着駅まで乗り倒しましたね。





およそ56時間の大移動でした。




でも食事、排泄、喫煙、睡眠、洗顔が可能で、
夜は多少冷え込むが、気候的にも心地よいので、快適でしたよ。





でもここからが少し大変でしたので、次回の更新で。




一読して頂き、ありがとうございます。ブログランキングに参加してますので、
ぜひぜひ一日一回、四角い世界一周ボタンをポチッとクリックお願いします。

色んな世界一周ブログを見る事も出来ます。

パソコンとスマフォはこちら。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

携帯の方は下の文字を。
世界一周ブログランキング

by sgyksgyk | 2012-08-17 21:31 | Tanzaーニア


<< エジプト、楽園ダハブの宿レポート。      自分史上最も最低で、最も理不尽... >>