たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 12日

アルゼンチン、エル・チャルテンの宿レポート。



前回の宿の記事は『ウユニ』でしたが、またパタゴニアに戻ってエル・チャルテン。


アウトドアメーカー『Patagonia』のロゴにもなっている『フィッツロイ』の麓の街です。


GRACIAR MARCONI!!
(2013.1.6,8)


Untitled









ドミトリー:1人70ペソ(1250円)、寝袋があれば50ペソ(900円)。
トイレ、シャワー各部屋にあり。
部屋によるかもしれませんが、水圧弱すぎっ>_<
キッチンあり。
WiFiあり。
荷物預りは1つ1日7ペソ(125円)。



場所は、バスターミナルから大きい道を北西へ、突き当たりを右へ、すぐを左へ。少し歩くと右手にあります。



昼番のおじちゃんは優しくていいかんじ。
夜番のお兄ちゃんはちょっと厳しいけど良い人ではある。



宿の雰囲気は、泊まっている人によってつくられるものだと実感した宿。

初めに泊まった時は、賑やか、というよりはうるさい宿。キッチンも汚い。早めの夕飯にしたから良かったものの、ちょっと遅ければキッチン&リビングは使えなかったでしょう…
その時は、某国の若者たちが沢山いました。パタゴニア出没率が高いようなので、みなさんお気をつけて!!

トレッキング後に泊まった時は、落ち着いた雰囲気、和やかな空気の宿。キッチンもきれーいでした。
その時は、家族連れやカップルが泊まっていました。


ホントにここまで変わるかってくらい、雰囲気が違いました。

ウシュアイアで出会った旅人さんが、某国の若者がいるかどうか宿張を確認しますって言っていたのは納得です( ̄▽ ̄)

ちなみに、某国の方でもひとり旅だったり、ある程度の年齢だったりすると全く問題なしのような気がします。
女性を含めた若者グループが一番たちが悪そうな気がします…





《お店の事&フィッツロイトレッキングの事etc》

「チャルテンは高い!」と聞いていましたが、確かに!!
缶詰、お菓子等倍の値段です。
が、パスタ、肉、野菜等モノによっては同じくらいでした。
エンパナーダは8ペソ(143円)くらい。


トレッキング用品のレンタルは、テントが40ペソ、スリーピングマットが10ペソ弱、トレッキングポールが一日20ペソくらい。
多分どこのお店でも同じような値段だと思います。


レンタルは行ってすぐに出来ると思うので、1泊以上のトレッキングをするのであればチャルテンの街に泊まらなくても良いと思います。


日帰り(往復8〜10時間くらい)だとチャルテンに泊まらないと無理かな。

日帰りでも一番近いビューポイントまでであればカラファテから行って帰ってくることは可能です。

Untitled

私たちが行った時は天気が悪くて何も見えませんでした(´・_・`)



個人的なお勧めは、1泊以上して、朝焼けに染まるフィッツロイを見る!!です。

Untitled

もっと近くで見たかったなぁ〜
けど一瞬でも見れたからいいんだ(*^^*)





《移動の事》

【エル・カラファテ→エル・チャルテン】

バスにて。
13:00出発、16:00到着。
チャルテン到着間際にインフォメーションにてトレッキング等についての説明がある。

午前中発のバスもあります。





読んで頂き、ありがとうございます(*^^*)
ブログランキングに参加しています。
下の四角い世界一周ボタンをポチッとクリックお願いします‼
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
PC、スマフォの方はこちらから。


世界一周ブログランキング
携帯の方はこちらから。

by sgyksgyk | 2013-02-12 14:53 | 世界一周宿レポート、南米編


<< アート爆発、Valパラいそ。      生牡蠣美味プエルトモン。 >>