たびたびブログ ~夫婦ふたりで世界一周~

sgyk.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 02月 25日

登頂率50%、ワイナポトシ6088mへの挑戦!!!

ワイナポトシ、この名前は以前どなたかのブログで見て知ってました。

でもボリビアにある6,000m峰ってことぐらいで、詳細は知らなかったし、調べてなかった。

南米に来て、南米最高峰アコンカグア6,962mもその標高の割にトライしやすいなんて聞いたけど、
入山料US750$以上という敷居の高さにすぐに諦めました。


なので何となくワイナポトシにトライ出来ればな〜ってぼんやり考えていたのです。




そこに来て、ワイナポトシにトライして天候不良のためにてっぺん獲れなかったJUNPEIくんの話。


「たぶん2泊3日のツアーで一万円ぐらいですよ」



「俺は悔しい思いをしたからおふたりにはリベンジして貰いたいっすね!」





よ〜し!任されたぜ!!!



俄然ヤル気出ちゃいました。



ビーニャデルマルで会ったJUNPEIくんには、
ウチらが目の前で見れなかった燃えるフィッツロイのリベンジをお願いし、
ウチらはワイナポトシのてっぺんのリベンジを誓いました。










ラパスに着いたのが2/2土曜日で、当ても無くフラフラしてたら2日後月曜日出発のツアーを発見!


「今申し込んでくれれば950ボリのところを900ボリに負けるわ」って話で勢いで申し込む。


なんでも予想以上に上手くいく時ってのは勢いが大事ですからね。日本円にして約¥12,000です。




2泊3日のツアーで900ボリ、1泊2日の強行ツアーで750ボリだったかな。。

時間がある方には2泊3日をススメます。その方が高度順応も上手くいくしね。
ツアー料金には雪山登山装備一式のレンタル、宿泊費や移動費、ガイド代が含まれます。
フリースなどの防寒具は持参しましょう。寝袋も貸してもらえるようですが、ウチらは自分ので。



そしてオバプロ観戦した翌日の2/4月曜日、朝9:15に集合。




ハセガワカズマサは流石に留守番ですよ。





プラスチックブーツのサイズを合わせたり、荷物積み込んだりしてから出発して、
標高4,700mのベースキャンプに車で乗り付けたのが12時頃。









昼ご飯食べてから、氷河に移動してアイゼンとピッケルの練習タイムです。




d0177887_10214543.jpg






僕らのアイゼンはブラックダイヤモンド製だったので、それだけでテンション上がってました。



d0177887_1022212.jpg








標高4900mですが、元気です!!!


d0177887_10225916.jpg







そして、ヤル気です!!!でもなんとなく小学生っぽい感じがします。


d0177887_1024398.jpg







ペリトモレノ氷河での経験もあったから割とスムーズにこなせました。


d0177887_10242479.jpg



でもユッキーは4点支持になると遅かったね。元クライマーなのにね、スラブ嫌いがあだになってます。









ベースキャンプに戻ってからのご飯はこんな感じでした。


d0177887_10245192.jpg









そして翌日2/5火曜日、この日はベースキャンプからハイキャンプへの移動日。






外に出てビックリ、雪が降ったようです。。。



d0177887_1025223.jpg







必要の無いものは置いていけるようですが、すでに吟味して持って来たものばかりなので、
ほとんど全てを持って、トレッキングシューズを履いて9:15に出発です。


d0177887_10255325.jpg









出発から程なくして入山料の徴収。


d0177887_10261626.jpg








そのお値段は驚きの10ボリ!日本円にして130円ほど。激安です。


d0177887_10263875.jpg







2時間ほどゆっくり登ってハイキャンプに到着。
標高5,200mって聞いてましたが、正確には5,130mでした。


d0177887_10272263.jpg





道中、ベチャベチャの雪がうざたかったけど、なんとか転倒無しで着きました。





昼ご飯食べたら基本的にすることはありません。
のんびりするも良し、本を読むも良し、トランプするも良し、明日に向けて集中を高めるも良し、です。












着いた頃は完全に雲の中だったのですが、、、時が経つに連れ、晴れ間が覗く。



d0177887_10281679.jpg










辺りの壮大な景色も露になる。



d0177887_1029112.jpg









d0177887_10292224.jpg









これが登山ルートのようです。



d0177887_10294929.jpg











そして夕方にはワイナポトシのてっぺんもその姿を現す。



d0177887_10303850.jpg








いいね、いいね、テンション上がります。



d0177887_1031625.jpg







軽いブロッケン現象にも出会いました。


d0177887_10313857.jpg










この日にアタックしたグループは吹雪の中の登頂だったようです。
それに比べたらコンディションはいいかもって期待しちゃいます。
この時期は雨期なので、どうにもコンディションが悪い日が多いようで。。。
なので、登頂率50%なんて言われてるんだと思います。












しかし、昼ご飯の後にひとりでいくらか辺りを散策したのがマズかったのか、、

晩ご飯前に頭痛が。。 ユキエは大丈夫そうでした。


この症状はチベット側のエベレストベースキャンプに訪れた直後に味わったことのあるもの。
身体は元気だが、一歩一歩の振動が頭に響くので、ガイドに相談して、
ラパスで買って来たダイアモックスを一錠服用することに。







この日の晩ご飯は18時頃、
頂上へのアタックは午前1時スタートなので、
食べ終わっていくらか眠ることが出来ます。あったかくして寝るようにしましょう。










でもその前にもう一度ハイキャンプからの景色を楽しみました。


d0177887_1036239.jpg







d0177887_10362467.jpg







d0177887_10364421.jpg








「必ずやそこに辿り着きますから、静かに待ってて下さいね」って願いました。


d0177887_1037757.jpg





読んで頂き、ありがとうございますm(_ _)m ブログランキングに参加しています。
下の四角い世界一周ボタンを

ポチッとクリックお願いします‼
   ↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
PC、スマフォの方はこちらから。


世界一周ブログランキング
携帯の方はこちらから。

by sgyksgyk | 2013-02-25 10:39 | ボリビア多民族国


<< ワイナポトシ、サクッと渋く決め...      異国の地でパーマをかけるという... >>